後継者倫理塾 第17期 -第4講-

第4講 活動報告

開催日  2020年1月8日(水)〜9日(木)
開催場所 小川げんきプラザ



第4講

賀詞交歓会に向けて、本番直前の第4講。
1日目は朝礼練習。栞の第5条、第6条の講義。そして塾生同士の絆を深める映画鑑賞。
心を向け、全力でやりきる!17期生の活躍にご期待ください!



一か月の振り返り、シェアリング

1か月間行ってきた、実践の振り返りを行います。
富士研を終えて、どのような心境の変化があったのか?
賀詞交歓会への想いも含め、塾生同士発表し、共有をしました。



清水良朗法人スーパーバイザー
講義2・3
万人幸福の栞 第5、6条

講話 清水良朗法人スーパーバイザー

第5条では、体験談を含めながら栞の解説をしていただきました。夫婦関係が人間関係の原点である。夫婦関係をよくすることが、他者との人間関係をよくすることに繋がる。

第6条では、親と子はいつも繋がっている。
感謝するよりも素晴らしい実践は、謝ること。
自分自身が幸せに生きていくこと。




『チア ダン』鑑賞
~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~


夕食後は映画鑑賞。
福井県の女子高での実話をもとに製作されたドラマで、目標設定の大切さ・やり抜く勇気を教えてくれます。


塾生ひとりひとりが仲間の大切さや、活力朝礼に向けて気持ちを高めていました。




第4講(2日目)

2日目は、モーニングセミナーのあと、朝礼練習。
賀詞交歓会に向けて、限られた残り少ない時間を大事にし、心を1つに練習に臨みます。



モーニングセミナー
講話 清水良朗 法人スーパーバイザー
「日本の本を知る」


自分はいったい、何者なのだろう?
それを知りたいのなら、日本という国をしっかりと知りましょう。

会員スピーチ
寺田 健哉 運営委員

自身の体験から、本気で行うことの大切さを語っていただきました。



朝礼実習
蜂巣厳 朝礼副委員長

1日目に清水法人SVから激励の言葉をいただき、運営委員より厳しい檄を飛ばされ、意識が高まった様子。
塾生の中で決めたスローガン
「人に感動を 自分に自信を」
を達成するために今一度、基本に立ち戻り何度も練習を重ねました。



コミットメント発表

塾生1人ずつ、自身で設定した実践項目、モーニングセミナー出席回数を声高らかに宣言します。
それに対して、全員でエールを送り、士気を高めます。
決意が揺らぎそうになったとき、力を与えてくれます。





活動記録

 

 

お問い合せは: お問い合せフォーム もしくは
E-mail: saitamaken@rinri-saitama.org
電話番号: 048-668-7200
FAX: 048-668-7300
トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)