後継者倫理塾 第16期 -第1講-

第1講 活動報告

第16期生 始動!!!

開催日  2018年10月27日(土)〜28日(日)
開催場所 紫雲閣



入塾式

紫雲閣において、第16期入塾式が執り行われ、塾生15名が入塾いたしました。
小池博塾長のもと、後継者倫理塾が始動!!全11講のカリキュラム。塾生にとって、大きな転機となる長いようで短い10ヶ月。
皆様方の暖かなご支援のほど、よろしくお願いいたします。

丸本副方面長
式辞
小滝会長
挨拶
小池塾長
激励



入塾証を小滝会長よりいただき、正式に塾生となりました。
皆様を前に、入塾証の重みを心に感じます。




塾生の誓い、塾生の信念斉唱。リーダーを務めたのは、野口健太塾生。
埼玉県の役員の皆様、そして派遣責任者の皆様の前で、堂々と、力強く斉唱しました。
皆様の温かいお声掛けや励ましが、大きな支えになります。ぜひとも、ご支援のほどお願いいたします。




第1講

入塾式前には、塾の成功を祈願して箭弓稲荷神社へ正式参拝。
無事に入塾式も終わり、いよいよ第1講のスタート!
まずは小滝会長による記念講演、実習では基本動作の訓練、その後、丸本副方面長の講義。
塾生一人一人の意識が高く、基本動作をみるみる習得していきました。



記念講演
テーマ:倫理入門の入門
講話者:埼玉県倫理法人会会長  小滝 敏郎 氏

倫理運動は日本、さらに世界をよりよくするための運動。
そのための行動のよりどころが「純粋倫理」です。
身近な、小さな行動を変えてみる。まずはやってみる。
「これでいいのだ!」といったんすべて受け止める。

多くの団体があるが、人生を変えるのは倫理法人会だけ。



実習1  基本動作の訓練
朝礼委員長  蜂巣 巌 氏

まずは、「ハイ!」の練習。
「正対」「起立の姿勢」「礼」の基本を教わり、
『明るく 素直に 美しく』を意識して、
型を体にしみこませるように繰り返しました。




講義1  「純粋倫理入門」
講義2「万人幸福の栞 第一条」

法人局普及事業部首都圏方面
  副方面長  丸本 敏文 氏


倫理経営を学ぶ基礎が「純粋倫理入門」です。
心と身体、心と人、心と物、心と自然環境、すべてが
純粋倫理の対象である。
気づいたらすぐする、小さな実践。
その積み重ねで、わがままを取り去り、
純情(すなお)の心を取り戻しましょう。




第1講(2日目)

2日目は集合時間5:00の前に全員、会場に集合!
モーニングセミナー朝礼、モーニングセミナーから始まりました。
各講義、実習が始まる前の進行も、この日から塾生で全て行います。
実習2では、朝礼研修を蜂巣朝礼委員長から説明されながら、チームごとに練習。
『お金を生かすとは?』講義では、お金の流れを整えることを学びました。



モーニングセミナー
大きな声で万人幸福の栞を輪読。

講義3 法人局普及事業部首都圏方面
副方面長  丸本 敏文 氏
「万人幸福の栞 第二条」


苦難のとらえ方が示されていること、
その原因を認識し、それを改める実践をする
ことを教えていただきました。

苦難そのまま「がよい」と受け止める!



実習2  朝礼研修

職場に活力朝礼を導入することで、
毎朝の習慣から、人間力が向上します。

蜂巣朝礼委員長より教えていただき、
各チームに分かれて、実習を行いました。
元気な大きな声、機敏な動作を体で覚えていきました。



講義4 「お金を生かすとは?」
西入間倫理法人会
 大野 亮 氏


日本企業の大部分を占める中小企業の現状、
財務を知らない経営は困窮してしまうこと、
決算書を見直すだけで経営が変わることを
具体的にお話しいただきました。

決算書をそのまま採用せず、財務を見直すだけで
企業は元気になる、と教えていただきました。





活動記録

 

 

お問い合せは: お問い合せフォーム もしくは
E-mail: saitamaken@rinri-saitama.org
電話番号: 048-668-7200
FAX: 048-668-7300
トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)