後継者倫理塾 第16期 -第2講-

第2講 活動報告

開催日  2018年11月17日(土)〜18日(日)
開催場所 フレンドシップハイツよしみ



第2講

入塾式から早くも3週間が経ちました。
第1講から今日までしてきた実践から様々な気付きを得て、第2講で新たな学びを深めます。
また、賀詞交歓会に向けて朝礼練習がスタートしました。
16期生の雄姿をお楽しみに!!



シェアリング、リーダー決め

塾生、塾長、運営委員長、運営委員全員で車座になって、第1講から第2講までに感じたことを発表。

「一日が有意義に過ごせるようになった気がする」「挨拶をすることで、なごやかな空気、会話ができるようになった」 など実践によって得たものがありました。

各チームの挨拶・姿勢リーダー、後始末リーダー をあらたに選出しました。



講義1  サラリーマンと経営者の心得
名誉専任研究員  川又 久萬 氏

事業は、その目的を正しく持つことが大切である。今、問題が出ている会社は、それを見誤っている。
業績が伸び悩んだり、うまくいかなかったりしたときは、事業の目的に立ち返ること。




講義2,3  万人幸福の栞 第3、13条
名誉専任研究員  川又 久萬 氏

第3条では運命のとらえ方、苦難をどう乗り越えるのかを学びました。

第13条では自分の命の本は親であり、世界にただ一人の親だから大切であるという学びに、ぐっと心に響いた塾生が多くいました。




第2講(2日目)

第2講の2日目は、モーニングセミナー朝礼、モーニングセミナーからスタート!
集合時間前には全員が集合していました。
実習3では、活力朝礼の練習。朝礼リーダーを中心に、まずは流れを一通りやってみました。
『気づきの力を高める』は掃除の意義、そして具体的な実践を学びます。



モーニングセミナー


テーマ:万人幸福の栞 第4条
講話者:名誉専任研究員  川又 久萬 氏

根幹ともいえる第4条を、学びました。

人を変えるのではなく、まず自分を変える。
苦難もそのまま受け入れる。受け入れないから辛い。
目では見えない世界を受け止めながら、楽しい人生にしてほしい、と励ましていただきました。



実習3  朝礼練習

役割も決まり、一通りやってみました。
動きをやってみただけで、あっという間に1時間。

朝礼委員長、運営委員にチェックしてもらいながら進みます。礼が揃わなかったり、笑顔がなくなったりしましたが、大きな声は出るようになりました。



講義5  気づきの力を高める
株式会社そうじの力代表取締役
 主席コンサルタント  小早 祥一郎 氏


そうじは、業績を上げるための基礎体力をつけることができます。

気づく力が高まり、キレイにすることで問題解決をはかり、周りの役に立つことで気持ちがあがり、組織の力が高まるのです。
全員で宿泊施設のトイレ清掃をしました。





活動記録

 

 

お問い合せは: お問い合せフォーム もしくは
E-mail: saitamaken@rinri-saitama.org
電話番号: 048-668-7200
FAX: 048-668-7300
トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)