後継者倫理塾 第15期 -第7講-

第7講 活動報告

開催日  2018年4月4日(水)〜5日(木)
開催場所 長瀞元気プラザ



第7講

大自然に囲まれながら、いよいよ『自立と連携』第3ステージに入る第7講です。
100日実践を継続する中、自分自身を深く見つめる学びを実践していきます。



実習1
修了式に向けて

田川 孝 研修委員長

スピーチをする際の心構えや、態度、姿勢、構成での起承転結などのレクチャーを受け、プレゼンの練習に、入ります。



講義1
「万人幸福の栞第10,11,12条」

工藤直彦 法人スーパーバイザー

第10条『働きは最上の喜び』
第11条『物はこれを生かす人に集まる』
第12条『得るは捨つるにあり』

について講師の体験も含めた解説をして頂きました。




講義2
「本につながる」

工藤直彦 法人スーパーバイザー

親子夫婦たてよこの十字の愛和。
体験報告を交えて、恩の自覚が、ふしぎの働きの発顕へと、涙ながらに解説頂きました。




第7講(2日目)

早朝ミーティングでは、『リーダー像』についてグループごとにディスカッションし、塾生全員で意見を共有ししたのち、宝登山へ向けてスタートです。



実習2
宝登山 登山


登山前に、塾生全員で宝登山神社へ参拝です。
さぁこれから皆でリーダーシップを発揮しながら登山です。
ここでは、他者を思いやる心も試されました。



目的地に到着してから、スピーチ大会を開催。
塾生の積極性が試されます。
それぞれの塾生が、自己開示をし、フィードバックをする。
素直な心で、自分を見つめなおしました。



実習3
活力朝礼コンクール発表


先月、グループ分けした塾生は、今日までの時間に何度となく集まり練習を重ねてきました。
いよいよ、結束力が試されます。
朗らかチーム・流汗鍛錬・スマイル6
3チームそれぞれが、精度の高い活力朝礼を披露しました。





活動記録

 

 

お問い合せは: お問い合せフォーム もしくは
E-mail: saitamaken@rinri-saitama.org
電話番号: 048-668-7200
FAX: 048-668-7300
トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)