株式会社夢(ドリーム)

 倫理17000認定企業 『夢(ドリーム)』訪問

 

ドリーム 金子.jpg平成16・17年度の2年間、埼玉県倫理法人会の会長を務められた、金子スーパーバイザーの経営する「株式会社夢(ドリーム)」が、倫理17000ライセンス認定企業に登録されたのは、平成18年9月1日の事でした。今回訪問させていただきました。

 

 行田市の農家に誕生

 

 金子社長は行田で代々農業を営む篤農家の長男として誕生しました。しかし、一日も早い独立を目指して、美容の世界に飛び込み修行を重ねました。念願がかない「理容かねこ」を設立したのは38年前の事になります。仕事は順風満帆に進み全てが順調に見えましたが、自分が経営に自信を持ち、よしやってやると意欲を燃やしていた矢先、家庭の不和が広がり同時に職場の主軸スタッフが揃って辞めてしまうという苦難に直面いたしました。

 

 妻の差し入れ

 

ドリーム店内8.jpg ある日のこと、残ったスタッフで懸命に頑張っていると妻が差し入れをしてくれたのです。この差し入れにスタッフの一人が感激し店の主軸に成長してくれました。彼を中心に次々に軸になるスタッフが増えていきました。こうして新しい店舗を次々に出店する事ができ、現在5店舗となっています。

 

 倫理に秘密があった

 

 美容業界は若者に人気があり、新人が入ってきますが、手に職をつけると独立する傾夢 朝礼.jpg向が多い中で、どうして夢(ドリーム)が退職者が減り店舗を増やし続けていけるのか。それは倫理に秘密かあったようです。

 倫理と出会い、毎朝4時に起きてトイレ掃除をはじめました。自然に家庭の雰囲気がよくなり、会社立ち直りの転機となった「妻の差し入れ」があり、一番変わったのは、全面的にスタッフを信頼する私がいました。

 スタッフも富士研修所のセミナーに参加し、活力朝礼を実施するようになりました。こうしてさらにスタッフの意識が高かまり、仕事面、私生活面で変化して、優秀なスタッフが育っているのだと思います。現在、全5店舗で毎朝活力朝礼を実施しています。

 

 社名『夢(ドリーム)』の誕生

 

 「お客様が、店に来るのが楽しみで、うれしい夢のようなお店にしたい」との発想から『夢(ドリーム)』という社名が生まれました。

 現在ある5店舗の店作りは、レイアウトはもちろん、カウンター、椅子、シャンプー台すべて、スタッフが決定しています。それぞれ立地条件を生かし、社員の感性を活かした店づくりになっています。

 ヘア?技術の研修に裏付けされ、「ドライカット」技術を完成、「ベストスマイル」でスタッフの優れたセンスが遺憾なく発揮されています。

 

 唯々畏れ入る

 

 倫理法人会活動のお手伝いをしていると、丸山敏雄先生の教えは、何処まで深く正しいのだろうかと唯々畏れ入ります。「実行する、学んでみる、まかせてみる」わき上がるスタッフのプランを進めていく上で、17カ条をバックボーンに会社は、甦り発展しています。      

                

お問い合せは: お問い合せフォーム もしくは
E-mail: saitamaken@rinri-saitama.org
電話番号: 048-668-7200
FAX: 048-668-7300
トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)