ジャパンマネージメントサービス株式会社

 

ジャパンマネージメントサービス(株)

ジャパンマネージメントサービス 株式会社
税理士法人ジェイエムエス
gグループ代表 岩沢 満

住 所:朝霞市浜崎1-2-10
       アゴラ21ビル8F

所 属:新座・志木倫理法人会





「倫理」の教えを心の支えに
60歳を過ぎて、やる気満々です!

 

中小企業の経営を指導する責任ある立場でいらっしゃいます。これまでを振り返って、ご自身、そして御社をご説明いただけますか。

1947年(昭和22年)福島の会津若松生まれの典型的な団塊の世代、実家は呉服屋でした。大学入学で憧れの東京にやってきましたが、卒業後は田舎には帰りたくなかったですね。いろいろあって某会計事務所に入ったわけですが、当時は税務・会計という仕事は私には向かない、仮の姿だと思っていました。ところが13年後には独立して池袋に事務所を持ったわけです。当時は、時代も時代、電通やフジテレビなどと組んで経営コンサルティングという立場で事業企画の仕事をするなど、時流に乗り、どちらかというと派手な仕事が舞い込みました。心うきうき、六本木、銀座の時代です。10周年も盛大に貸切コンペを行いました。これを節目に来てくださったお客様へさらに密着し、お応え したい、いつでも寄って頂ける所にと朝霞に事務所を構えました。大正解、新たな出会いは30周年の原動力になっております。


今年30周年を迎えられますが、この間、顧客である多くの中小企業の方々も大きく様変わりしたと思いますが。

会計事務所といえば、やや地味なイメージがあるかと思います。月1回帳面を見て、人様のお金の出入りを確認するわけですから。かつてバブル華やかなりし頃のスローガンと言えば、「歌って踊れる会計事務所めざせ!経営コンパニオン」、明るく元気よくというわけです。ところがバブルが弾けて、これじゃ不謹慎ですよというわけで「脱帳面屋めざせ!経営応援団」、今やさらに進んで、私たちがやっているのはお 客様である小企業の方々の「生活応援団」ですね。まずは、自分の家族をしっかりと支え、養っていく、ここを押さえてこそ経営。大それた考えをもつ前に、まずは身近な存在、家族や社員のことをきちんと考えていくことこそが大事です。

最近、世の中が変わってきていますね。儲けた金を投資して、さらに儲けようとする。これは私は勧めません。(不動産、株等)やはり、額に汗して頑張ってこその毎日がいいと思っているんです。実家が呉服屋だったものですから、両親が自転車に反物をくくり付けて、行商として頑張っていた頃をよく知っているわけです。


ジャパンマネージメントサービス(株)
ジャパンマネージメントサービス(株)
ジャパンマネージメントサービス(株)
ジャパンマネージメントサービス(株)

倫理法人会との出会い、また入会後、特に役立ったことなどをご教示ください。

倫理法人会には、独立10周年のあたりでお客様の中に会員の方がおられて、その縁で入会しました。結論から言うと離れないでよかったなと思っています。「どんなことがあっても離れちゃいけないよ」と、かの有名な法人アドバイザー蓮実利勝先生がおっしゃいました。活力朝礼も13年やっています。最初社員はみん な、びっくりしていましたよ。毎朝、元気に「はい!」と言いながら、輪読。経営理念や各社員のスケジュール、「職場の教養」、「万人幸福の栞」、「今日の心がけ」も同様です。でも、朝礼で辞める社員はいなかったですね。私自身は、倫理法人会の運営に参加するようになって、ますます勉強するようになりました。我慢できるようになりましたね、「受容」です。まず、自分にとって一番身近な家庭で行えなければいけません。今や倫理の教えは社員全員が関わっているわけです、これは自分にとってきわめて大きな財産だと思っています。

また、誰かがおっしゃっているのを聞いたのです。倫理の教えは「西洋医学ではなく、東洋医学だよね」。まさにその通りです。じっくり効いてきますよ。60歳を迎えた時、理事長が書かれた「日本創世」の序文を読んで感動しました。あれで、よしもう一度やってみようという気になりましたね。今では生涯現役、臨終定年だと思っていますから。


ジャパンマネージメントサービス(株)
ジャパンマネージメントサービス(株)

岩沢社長の経営上、あるいは人生のこだわりをご説明ください。

時間とお金の使い方、しかもその順番が大事ですね。それを間違うと大変ですよ、とり返すのが。倫理の教えの中にもありますね、万物生々。まさにあの教えを実践してほしいと思います。

会計事務所の中には、税務会計を中心にやって税務署ばかり気にしている事務所もありますが、我が社では利益計画をきちんと作って、利益が上がればOK、上げられなければ社長の給与、交際費を削りましょうというように社長の本気と創業時の思いを引き出すことを基本としてやっています。こうした事業規模とビジョンに合った数字の提案については、我が社独自と言ってもいいのではないかと思っています。まさに、倫理法人会での教えがそのまま経営に生きていますね。


ジャパンマネージメントサービス(株)
ジャパンマネージメントサービス(株)

本日はお忙しい中、ありがとうございます。岩沢社長のお仕事にかける情熱、そして倫理法人会と関わることでさまざまな出会い、さらにそこから学ばれるなど、価値あるお話を伺えました。今後も、お仕事にご精進ください。また倫理法人会においても、いろいろとご助言ください。


(平成25年12月発行 Sai Rin より)

お問い合せは: お問い合せフォーム もしくは
E-mail: saitamaken@rinri-saitama.org
電話番号: 048-668-7200
FAX: 048-668-7300
トラックバックURL:

コメントする

(コメントを表示する際、コメントの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)